改善に向けて

婦人

年齢肌の悩みを改善する洗顔について

シミやしわ、たるみなどが目立ってくる年齢肌は、肌が乾燥しやすくなっています。だからと言って洗顔料を使わない洗顔を行なっていると、汚れを肌に残すことになってしまって、毛穴に汚れが詰まりやすくなったり、肌老化を進行させてしまいます。スキンケアの始まりは洗顔からなので、潤いある肌を作るためにも洗顔料を使用して汚れを残さないというのがエイジングケアの基本となります。洗顔料によって洗浄力が配合されている成分が違っているので、自分の肌質に合ったものを選ぶのが大切です。また、年齢肌向けに泡立ちが良いのに肌に刺激が少なく、潤いを奪いすぎないものもたくさんあります。多くの化粧品メーカーから多くの洗顔料が販売されているので、チェックしてみるのがおすすめです。

洗顔の威力は泡によって決まる

洗顔をする時にはしっかりと洗顔料を泡立てて洗うのが原則です。きめ細かな弾力のある泡を作ることによって、肌の溝に入り込んだ汚れなどもしっかりと落とすことができます。また、しっかりと泡立った洗顔料は肌との密着度も高くなり、汚れを落とす効果が倍増するのです。そして、泡が肌と手のクッションとなってくれて、肌との摩擦を防ぐ事ができて、肌に優しいというメリットがあるのです。洗顔する時のコツとしては、皮脂の分泌が多いTゾーンはしっかりと洗って、皮脂の少ない目元や口元はなるべく刺激を与えないように、優しく洗うのが大切です。すすぎの際には洗顔料が顔に残らないようにしっかりと行なって、小鼻や眉間などの泡が残りやすい部分は重点的にすすぐのが良いでしょう。